「官能読み物 」カテゴリ記事一覧

@特選画像集

魔法のスカート後編

「どうしたんだ。久能(くのう)。俺に話があるって。いったいどんな用事だ」
た……田所先輩。憧れの田所先輩があたしの目の前に立っている。
「最近部活に出て来ないと思ったら、今日は私服で来たのか。
悪いけどこれから練習だからあまり時間はないんだ」
大丈夫です、先輩。見て貰いたいものがあるんです。すぐに済みます。
「見てほしいもの。何だ。見せてみろ」
はい。見せました。
「……」
や……やっぱりまずかったかな。先輩にスカートめくって見せるなんて。
色気違いか変態女に思われたんじゃ。
「久能……そうだったのか? 俺とやりたかったのか」
ぎゃーーーっ、いきなりですかぁ? 夢もロマンスもないじゃないですか。
「お前は俺の長い足を見て、ペニスもきっと長いだろうって、そんなことを考えていたのか」
ぺ……ペニスも長いだろうって? そんなこと考えてたの、私? 
「この長いペニスでお前の子宮の奥までドンドンとど突いてほしいって、そんなに願っていたのか」
やめてぇぇぇぇぇ! 憧れの田所先輩にそんなこと望んでない! 断じてない!
魔法のスカートの馬鹿ぁぁぁ、乙女の恋心を台無しにする気かぁぁぁ。
きゃー先輩何するの? 私をお姫様抱っこして。ど……どうする気?
「お前も変ってるなぁ。こうやってお姫様抱っこした形からバスケットゴールにシュートしてもらいたいなんて、本気じゃないだろう」
本気じゃない! 断じてない。 それは単なるファンタジー。もののたとえよ。
実際にやったらあたしが怪我をする。大体あのゴールなら私の体が通らないと思う。
「それは冗談として、お前はすごく俺に幻想を抱いているなあ。
ボールになって俺に掴んでもらいたいとか。それじゃあオッパイでも掴んでやろうか。
バスケのボールにしてはちょっと小さめだけどな」
うわーぁぁ、先輩の大きい手があたしの乳房をすっぽりと掴んじゃった。
って、きゃーーーぁぁ、先輩。胸触っちゃ駄目でしょ。
「ふふふ……こうやって2つ一緒にまとめて片手で掴むこともできるぜ」
きゃぁぁ、乳と乳が寄せられて一掴みにされたぁぁぁ。やめて下さい、先輩。
「ああ、俺はどうしてこんなこと久能にしてしまうんだろう。
久能の心の声が俺に命じているみたいで、俺はどうしてもそれに逆らえないんだ。
逆らうどころか積極的に従うことに快感を感じてしまうんだ」
先輩、あたしの乳を揉みながらそういう告白っぽいこと言うのやめてください
そういえば、部活の練習に行かなくて良いんですか?
「そうなんだ。部活の練習があるんだ。
だが、久能のスカートの裏側を見た途端、俺の中の何かが崩れて本当の正直な俺が現れたみたいなんだ。
それによると俺は部活に打ち込むことで自分を誤魔化していたような気がする。
本当の俺はこういうことをしたかったんだ」
違う。バスケをしている先輩は素敵です。ああ、あんまり乳揉む手に力を入れないで。
指先が乳首に当たってます。あっあっ……そんなにクリクリしないで。
ブラの上からでも十分感じてしまうじゃないですか。
ところでスカートの裏側ってなんですか? 
つまり裏側に魔法の力があるってことですか?
あっ、先輩。あたしを抱いたまま座り込んじゃってどうする積りです。
きゃっ、いきなりスカートの中に手を入れてショーツの上端を掴んで……やめて。
ショーツの上を引っ張らないで。だってお豆に食い込んでしまうんだもの。
「久能……こんな方法があるって知らなかったよ。
お前ときどき自分でもこれをやってるのか?」
ちぃぃぃがぁぁぁうぅぅぅ。違うったら違う。そんなことしたことない。
お風呂でお股にシャワーをかけたり、パンツをお股に食い込ませて良い気持ちになったりしたことなんか絶対ない!
きゃっ、な……なに? 先輩のごっつい指があたしのお股の穴の中に……駄目……駄目。
「ほら望み通りに指を入れたよ。この指先でボールをクルクル回してるんだ。
お前の中でも指をクルクルしてやるよ。ほら、クルクル……クルクル」
あんあん……クルクル駄目。クルクルしないでぇぇ。あんあん。いやああん。
「ほらこうやって向かい合わせになって合体するのがお前の心の奥からの願いだったんだな。
こういうのを対面座位っていうのか? お前って詳しいな、こういうこと」
く……詳しくない! そんなこと初めて聞いた。
女性雑誌の綴じ込み付録の「愛を育むセックス体位」とか見たことないし。
あっ、先輩ゴム被せないで入れちゃ駄目。それにパンツ脱いでないし。
「もうお前のパンツ紐みたいに細くなってるからちょっとずらすだけで入るよ。
それにほらお前のバッグからスキンが出て来た。ちゃんと用意してるから準備が良いじゃないか」
ち……違うの。
それは魔よけの一種で、決してセックスする為に用意したわけじゃないの。
うわあ、先輩のペニスすごく長くて太い。
そんな特大ソーセージみたいなの私のお股のポケットに入りきらないんじゃ。
あら、手馴れた感じで装着してる。先輩もしかして経験があるんじゃないですか?
「マスターベーションするとき衛生のためにつけてするんだ。
セックスの経験についてはノーコメントだ」
ずるい。あたしの心は見通しているくせに。あっ、もしかしてあのことも。
「そうだ。お前が通りすがりの男と一発やったことも。
それが俺とやるための練習だってこともお前の心の声に教えてもらったぜ」
ぎゃあぁぁぁぁぁぁ。筒抜けだぁぁぁぁぁ。恥ずかしいぃぃぃぃ。
「だがこれはやってないんだろう? 俺だけに捧げるために」
あぐ……先輩のが入って来る。い……痛い。痛いってばぁ。
「そうか。久能。俺の太いペニスで処女膜を貫いて目茶目茶にしてもらいたいんだな」
そんなこと言ってなーーい。痛い。破ける。馬鹿ぁぁぁぁ。
「もう、こんなにすっかり濡れて準備万端だな。本当にお前って奴は」
何? あたしって何? 途中で言葉を切らないで。ぐごーーーっ、痛いってば。
もうメリメリ言って、お股が裂けてしまうよぉぉ。
口裂け女じゃなくて股裂け女になっちゃうぅぅぅ。
ぎゃぁぁ先輩のあの長いペニスが根本まで入っている。う……動かさないで。
「と言いながら、動かすときの痛みが快感になるってか。お前は本当にMだなぁぁ」
馬鹿ぁぁぁぁ、いだい。痛い。ぎゃあ。何普通に腰振ってるの?
処女なんだから。お初なんだから。そっとやって。ぐががぁぁぁ。いでで。痛いよぅ。
「何? 奥の方をドンドンと突いて欲しいって? 仕方ないなぁぁ」
言ってない。言ってないよう。壊れる。子宮が壊れる。
もう……お股のトンネルもガフガフになってるし。トンネル崩壊だぁ。崩落だぁぁ。
「そうか突っ込む時、ペニスの根本でクリトリスをこね回してやれば良いんだな?
ったく。世話の焼ける奴だ」
あっ、あっ、お豆が……お豆が潰れるぅぅ。頼んでない。頼んでないって。
痛くて感じる。ああ、変になりそう。もうとっくになってるけど。
ああ、訳分かんない。もう頭の芯が燃えカスになりそうだ。
「久能、俺はもう逝く。お前……黒目はどこに行った? 黒目を戻せ、こらっ」
ああ、先輩があたしの中に出している。って言ってもゴムの中だけど。
なんだか先輩の体もビクンビクンしてあたしの体もビクンビクンしている。
あらら……先輩の心の声が聞こえる。どうしたのかしら、いったい?
(久能の体はマネージャーの坂本よりも良かったな。ときどき使わせてもらおう。
だがテニスクラブの葦野ともいつかやりたいな)
な……何を言ってるのこいつは? あたしも人のことは言えないけど、二股三股かよ。
あーあ、なんか恋がさめてしまった。あっ、ペニスを抜いた。
スポンって抜けた音ってなんか間が抜けていて哀しい音だね。
(終わった後の女の体って、なんか冷蔵庫の中で黄色くなったブロッコリーみたいだな)
な……なにぃぃ。
人のことブロッコリー扱いしたなぁぁ。お前の顔なんかもう見たくない。
「わかったよ。もうお前には会わないようにするよ。それがお前の望みならしかたない」
おや元気がなくなった。私がブロッコリーなら、田所……君は萎びたゴボウだね。
さようなら。あたしの憧れの恋。さようならあたしの幻影。
さてと……あたしの最後の実験だ。
スカートを裏返しに履いてその上に長いコートを着ちゃった。
ここはホストクラブの入り口。ここで私はある実験をする。
あっ、入り口の若い男が近づいて来た。
「娘さん、あんたまだ未成年だろう? ここには入れないよ。
こ……こら、どうしてコートを脱いでるんだ。あっ」
ほら、スカートの裏側を見たね。さあ、どうする積り?
あたしはここで暑いからコートを脱いだだけで店に入る積もりはないわ。
だってお金なんか一円も持っていないんだもの。
「ど……どうぞ中にお入り下さい、お嬢さん。お金なんか一切取りません。
ええ、良いんですよ。未成年でも将来の為に見学されるってことなら構わないです。
それに未成年に見える童顔のご婦人もいっぱいいらっしゃいますしね」
あたしはずんずん奥に入っていって、沢山のホストたちの視線を一身に浴びた。
もうこの子たちは私の奴隷よ。これからたくさん貢がせてあげるわよ。
うふふふ、これからが楽しみ。あたしって悪い女。
えへへへ……この姉ちゃん、その後うまいことやりましてなあ。
ホストクラブのオーナーになってしまったんですわ。
スカートを裏返して履いただけで、お店も3軒くらい増やしましてなぁ。
なんせ、従業員を集めるのになんの苦労はいりませんもの。
ちょっとスカートを捲くって見せれば、どんな良い男もほいほいついて来るんですわ。
今この界隈では男と女の食い合いバトルがあるんや。
もてない男は水商売の姉ちゃんに貢いで、そういうプロの姉ちゃんたちはホストに貢ぐ。
そしてホストたちはこの魔法のスカートの姉ちゃんに貢いでいるのや。
つまり男と女の食物連鎖の頂点に君臨してるんや。
ところで女子高生諸君、実はわし全国の主だった制服メーカーの工場に忍び込んで制服のスカートにこの魔法をかけまくってきたんや。
だから50パー以上の確率であんたの履いている制服のスカートは魔法のスカートかもしれんぜ。
た……試しに告白したい男子の前でちょっと前めくってみい?
えっ、もし普通のスカートだったらどうするって?
どうもせえへんよ。あんたの頭がおかしくなったと思われるだけや。

END

ブログランキング参加してます!クリックよろしくお願いします


人気ブログランキングへ

官能小説・魔法のスカート

おい、そこの姉ちゃん。そうやあんたや。こっちにおいで。
ほらほらどんどんおいで。ためらわず来るんや。
実はわいは雑貨屋さんや。なに、そんながっかりした顔せんでもええやないか。
わいは普通の雑貨屋とはちゃうで。
わいは変態グッズ専門の雑貨屋なんや。といっても普通の変態グッズやないで。
変態超能力者を作り出すグッズ専門なんや。
変態超能力者ちゅうのはなあ。……まあ,それはどうでも良い。
お姉ちゃん、駄目や。わいに捕まったら逃げられへんで。
一生懸命逃げようとしてるけど足がこっちに来てしまうやろ。
わいはカモ取りガムを噛んでいるさかい、これを噛みながら話しかけると、どんなお客も逃げられへんのや。
お姉ちゃんまだ若いなあ。えっ、学生さんか?
そんならこのスカート買いなはれ。魔法のスカートゆうてなぁ。
これを履いて好きな男の前でぱっと前をめくって見せるのや。
そうしたらなあ。相手の男はあんたの思い通りになるんや。
いやいや高いことない。これだけで良い。はい毎度あり。ほながんばってや。

あぁあぁ……変なもの買わされた。魔法のスカートだって?
そんなものある訳ないじゃん。男の子の前でめくって見せたらただの変態だよ。
でも、柄はチェックだし丈も短いし、まあ普通に可愛いから良いか。
値段も特売並みの値段だし、新品みたいだし、損はしてないみたいだ。

ちょっと履いてみたけど、なんか体の芯が疼くような浮き浮きした気分になっちゃった。
なんか男の子をゲットしたくなるような、普段のあたしと違って積極的な気分だわ。
向こうから男の子が来た。結構嫌いじゃないな、あんな感じ。
でもでもいきなりスカートめくって見せるのは恥ずかしいし、もしこれがインチキだったら、あたしはただの変態女ってことになるじゃない。
あっ、突風だ。きゃーっスカートが! み……見られた。
あら……男の子があたしの方に来て、ひ……ひざまづいた。
や……やめて。立ってちょうだい。な……なんかあたしに用があるの?
「お……俺あんたと付き合いたい。付き合ってくれるならなんでも言うこと聞くよ」
そ……そう? なんでも? なんでもなのね。じゃ……じゃあ、私をおんぶしてくれる?
「い……いいぜ。ほ……ほらおぶさってくれ。よいしょ。じゃあ、歩くぜ」
ああ、良いなぁ。楽チン楽チン。
こうやってピッタリと背中にひっついているととっても良い気持ち。
胸もお股も密着して体温が伝わってくるの。って、私もしかして濡れて来た?
ああ、この子が欲しくなっちゃった。どうしたら良い? どうしたら……。
そうか、頼めば良いんだ。
ねえ、君。ここなら誰も見てないよね。私をギューってしてくれる?
「えっ、良いのか? じゃあ、降りて、こっち向いてくれ。じゃあ行くぞ」
あぁぁぁ……強い! もうオッパイが潰れそう。背骨が折れてしまうかも。
「つ……強かったか?少し弱めよう。き……キスしても良いか」
キ……キスって。だ……駄目よ。まだ知り合ったばかりだし。あっ、やめて。
あっ、これあたしのファーストキスじゃない。うわっ、長い。
そんなにチュバチュバしないで。唇をしゃぶらないで。ペロペロしちゃ嫌だって。
あっ、舌を入れて来た。や……やり過ぎ。らめらめ舌からんじゃらめ。
もうべろべろよ。よだれが口の端からこぼれる。恥ずかしい。
な……何するの顔を舐めないで。
ちょっと! だんだん物陰に連れ込んで何しようって言うの?

あっ、お乳揉んじゃ嫌。あらあら駄目、君。
ねっ、私の言うこと何でも聞くんじゃなかったの?
「俺、今あんたの心の声が聞こえるんだ。
どういう訳か。口では嫌って言ってるけど、本当はやってほしいって聞こえるんだ。
だから心の声の方に従った方が良いだろう?」
嫌! そんな訳ないじゃない。きゃっ、シャツのボタン外してブラをずらしちゃった。
オッパイがポロンと出ちゃったじゃない。こんなこと望んでないわよ。
だって恥ずかしいんだもん。あっ、乳首つまんじゃいや。あっ、そこ感じる!
「だってあんたが心の声で感じるところを教えてるからわかるんだ。
こうすればもっと感じるだろう?」
キャー、き……気持ち良い。だ……駄目よ。そんなことしちゃ。あっあっあっ……。
あっ……パンツの中に手を入れないで。駄目お毛毛を触っちゃ! あっ、そこお豆よ。
お豆は大事なところだから、駄目。
「でもあんたはお風呂に入るたびにここにシャワーを当てて感じているって教えてくれているよ」
ぎゃーっ、そんなことまで。どうしてあたしの心の奥のことまで知ってるの。
って、このスカートが教えているのね。
あっ、まずい。そこをサワサワとソフトに弄くられると頭の中が真っ白になってくるの。
だ……駄目。なめ……はにゃ……ふにゃ……うふん……はきゃ……くぅぅん! 
い……逝っちゃった。か……軽くだけど。
えっ、君何やってるの。パ……パンツ下げないでよ。股広げないでって。
きゃっ、顔を突っ込まないで! きゃーベチョベチョ舐めないでぇぇぇぇ。
「だってもうあんたのここはベショベショに濡れていたぜ。
俺はただスープの皿を舐めるようにしてるだけだよ」
うわぁぁ、ペチャペチャと嫌らしい音が聞こえる。淫猥だ。猥褻だ。嫌らしい。
「舐めても舐めても後からどんどん汁が出て来るなぁ。指入れてみよう」
入れないで。入れないでったら。あたしの処女膜が破けるでしょ、そんなことしたら。
きゃー、ぐちゅぐちゅかき回さないでって。あっ、指2本にしたでしょ。
今プチンって破けた音したみたいだよ。えっ、そんなことあたしが気にしてないって?
気にするよ! 気にしてるって! 
「だってあんたは俺のことただのお試し品に思ってるんだろう?
俺でだいたい体を慣らしておいて本命の彼のとき十分楽しめるようにしたいって、心の声が言ってるぜ」
言ってない! そんな筈ない! 本命って誰? そんな人いないから。
「バスケット部の田所先輩とやりたいって言ってるけど」
ぎゃああ、そんなすごい秘密が漏れてるなんて。しかもやりたいって、どうゆうこと。
そんな下品な声が聞こえるの?それって本当の私?
あっ、ズボンのチャック下げてどうする積り? ちょっちょっと何を出してるのよ。
嫌だ。もうピンピンに勃ってるじゃない。
あっ、顔に近づけないでよ。
「だって俺のペニスをしゃぶってみたいって言ってるから」
げげげ……何言ってるの。そんなこと思う訳ないじゃないの! 
気持悪い。それどけてよ。うぐ、や……やめて。ぷっぷっぺっぺっ。うぐ。もご。
もふ。むは。らめぇ。嫌だったら。入れないで。お口に入れないでったら。
ごも……ぐふ……ああ、喉の奥まで入ってる。
何するの? 頭を掴んであたしの顔を動かしてるの? ぜ……前後に?
これってフェラチオっていう奴じゃない?
「ああ、気持ち良い。このまま出しても良いですか」
駄目! 嫌よ。出しちゃ駄目。うげーーーっ、ごほごほ。ごくん。あっ、飲んじゃった。
馬鹿ぁぁぁ、馬鹿ぁぁぁ、最低男。何すんのよ。
「だって、一度飲んでみたいってあんたの心の声が……」
きゃぁぁぁぁ、そんなこと望む訳ないじゃない。あたしそんなに変態じゃない。
あら、君どこへ行くの? もうそれでやめるの?
「あんたの心の声は最後までやってって言ってるけど、もっと心の奥の奥の方で最後の一線は田所先輩の為に取っておきたいっていってるから」
ええっ? 心の声にも2種類あるの? 心の奥の方が優先される訳ね。
おっと君どうして急に冷たい顔つきする訳? なによ。ペニスしゃぶらせたくせに。
自分はあたしと関係ないって目つきして、どうなってんの?
「いちいち説明しなくちゃ分からないかなぁ? 
俺とは一度限りの関係で、後は忘れてほしいってあんた自身の心が望んでるんだよ。
じゃあ、あばよ」
そ……そうなの。知らなかった。私の心って自分では分かりづらい。

続く!!

ブログランキング参加してます!クリックよろしくお願いします


人気ブログランキングへ
@ムービー

アクセスカウンター
今までのの閲覧者数(2013/2/1~)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6546位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
752位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング参加してます!クリックよろしくお願いします


人気ブログランキングへ
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR